メリットだらけ!僕がLINEモバイルを使い続ける理由を本音で語る

ガジェット

現在、海外をメイン拠点として生活している僕ですが、いまだに

「(日本で)おすすめの格安SIMを教えてください!」

と尋ねられることがちょくちょくありまして。

そんな時は「特にこだわりがないのであれば、LINEモバイルがおすすめですよ〜」とお伝えしています。

今回は、2017年1月(サービス開始初期)から今まで、ほぼ海外で生活しているにも関わらずLINEモバイルを使い続けている僕が、

・LINEモバイルのユーザである僕が実際に感じているメリット
・これからLINEモバイルを契約をする際の「おすすめのプランや回線」
について解説していきます。

1. LINEモバイルのメリット 〜 使い続けている僕の本音

【メリット1】カウントフリープランがお得すぎる

★「カウントフリー」について
カウントフリーとは、特定のアプリケーションでの通信*が月の契約容量が消費されないという機能です。

*著しく高負荷をかける処理など、一部例外はあり

LINEモバイルは「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」と「LINE MUSICプラン」でこのカウントフリールールを採用しており、LINEフリープランはその名の通り「LINE」コミュニケーションフリープランは「LINE、Facebook、Twitter、Instagram」LINE MUSICプラン「LINE、LINE MUSIC、Facebook、Twitter、Instagram」に関する通信が、カウントフリーの対象となっています。
おそらく、LINEモバイルを検討されている方のほとんどがこのカウントフリーに魅力を感じているのではないでしょうか?

僕自身もこのカウントフリーに魅せられた一人でして、現在は「コミュニケーションフリープラン」を利用しています。

特にLINEは普段からよく使うので「LINEでの写真、動画、メッセージのやりとりおよびLINE通話」がカウントフリーになるのは非常に助かりますね。

さらには「余ったデータは翌月に繰越可能」という良システムにより、よっぽどのことがない限り容量を使い切ることはないという、素晴らしいシステムになっています。

【メリット2】管理が楽

・アプリを通して月の容量残確認、マイページへのアクセスが簡単に確認できる

LINEモバイルの公式アカウントをフォローすることによって、色々と便利な機能が使えるようになっています。

僕は主に以下の2つの機能を使っています

・月の残容量の確認(リアルタイムの情報が公式アカウントからメッセージとして届く)
・マイページにアクセス(ログイン省略)→ 料金確認やプランの変更

他にもデータプレゼントや、自分以外(お子さん等)の契約情報(マイページ)へのアクセスがアプリを通してできるようです。

いちいち「公式サイトにアクセスしてログイン」という手続きを踏まなくて良いので便利になりました。

ただでさえ安い料金で使わせてもらってるのに、至れり尽くせりといった感じです…

・契約期間の縛りが緩く、解除手続きも簡単

LINEモバイルの公式サイトから引用すると

最低利用期間と解約手数料について

音声通話SIMをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、サービスの解約またはMNP転出をする場合は9,800円の解約手数料が発生します。


つまり、契約した月を含めると「13ヶ月縛り」と言い換えることができますね。

しかもいわゆる大手キャリアなどが課している2年縛りは「2年経過直後の2~3ヶ月」を逃すと自動的に2年縛りが再開される一方で、LINEモバイルの縛りは14ヶ月目以降はいつでも契約解除手数料が0円です。

わかりやすくするため、図を作ってみました
diff 赤く塗っている枠が契約解除料がかかる月、青はかからない月です。

なかなか良心的だと思いません?

個人的には「解約月を意識するストレス」がなくなったので、精神的にかなり楽になりました。

しかも、解約やMNP転出の際もいちいち窓口に行って書類を書いて…という手間は必要なし!

マイページから行えるので簡単ですよ〜

【メリット3】常に進化している

2年近く使っているためそれなりにLINEモバイルという企業・提供されるサービスに関しての変化を見てきた方だと思っています。

僕自身、改悪されたと感じる点は特になく、むしろ便利な機能や選択肢が日々増えている印象。

・以前は「かけ放題」プランがなかったが追加された

僕が契約した2017年2月頃は無かったので、他の格安SIMキャリアと比べた際のマイナスポイントでしたが、クリアしてくれました。

内容は月額880円で国内通話が10分かけ放題と言うもの。

※1回の通話が10分を超過した場合は超過後の通話料金が30秒10円


いまだに「かけ放題オプションが一切無いからLINEモバイルは〜」と言う口コミも見られますが、ありますよ!

・選べる回線が1→3回線に!しかも全て同料金変わらず

企業経営的な話になるのですが、2018年夏にソフトバンク株式会社がLINEモバイル株式会社を子会社化しました。
そして直後にソフトバンク回線(SIM)の提供を開始。

僕もこのタイミングでソフトバンク回線に乗り換えましたが、やっぱり早いです!

あと、回線が選べる格安SIMキャリア(MVNO)のほとんどでは「ソフトバンク回線を選択すると他の回線に比べて料金が高い」という現状があったりするのですが、LINEモバイルではソフトバンク回線を選んでも他の回線と料金は変わりません。

このようなポジティブな変化=進化があると、今後も何か魅力的なサービス、プランを提供してくれるのではないかと期待してしまいますね。

【体験談】店舗のスタッフの方の対応が良かった

これは個人的な体験の話になりますので、再現性という点ではあまり参考にならない話かもしれませんが、一応共有しておきます。

以前、僕は直接LINEモバイルの店舗に足を運んだことがあります。

どうしても自分で解決できなさそうなトラブルが起きてしまい、数少ない店舗のうちの1店(ヨドバシ秋葉の中)にお世話になることにしました。結果的には端末側に問題があったためLINEモバイル側に責任はなかったのですが、店員さんは終始丁寧に対応してくれまして…

しかも手続きの中で無理に追加プランを押し付けるようなこともせず、自社持ちの端末購入を勧めるようなこともせず、こちらの疑問に対して丁寧かつ明確な回答をくれる良対応。

一部の大手キャリアの「高いプラン・端末、追加オプション、付属商品を契約してクレクレ」的営業に辟易していた身には、これが非常新鮮かつ嬉しいポイントでした。

2. メリットを最大限生かすLINEモバイル活用法(おすすめ契約方法)

LINEモバイルならでは!お得なカウントフリーのプランを!

前述した通り、LINEモバイルを選ぶのであればぜひこのカウントフリー機能の恩恵を得て欲しいと思っています。

他のキャリアでもカウントフリーの機能を提供しているところはありますが、追加料金を取るところがほとんど。

また、カウントフリー通信時には特別な(あまりパフォーマンスが出ない)回線が使われてしまうなど、コストに見合ったリターンは圧倒的にLINEモバイルが優れていると感じます。

加えて、契約容量は管理画面から簡単に変更できますので、個人的にはスモールスタート(コミュニケーションフリープランなら3GBあたりから初めて、必要に応じて増やしていくみたいな感じ)がおすすめですね。

各プランの契約容量に対する料金表は公式サイトの「料金プラン」ページで確認できます。

回線はソフトバンクがおすすめ!

前述している通り、現在docomo、au、softbankの3回線の選べるようになっていますが、特に事情がない限りこれからLINEモバイルを契約される方は、ソフトバンク回線を選ぶことをおすすめします。

理由としては、ソフトバンク回線は他の回線と比べ、通信速度が速い傾向にあるからです。

また、ソフトバンクの子会社であるという事実からも、今後もソフトバンク回線優位でのキャンペーン・サービス・プラン提供がされる確率は高いと僕は踏んでいます。

※使用予定の端末がSIMフリー端末ではない(SIMロックがかかっている)場合は要解除、または使えない可能性がありますので、ご注意ください

モバイルルータと組み合わせれば契約GB数を抑えつつ外でも通信し放題!?

これは僕が日本で生活していた際に実際にとっていた戦略なのですが、モバイルルータの通信料無制限プランを契約することで「LINEモバイルの契約GB数を下げつつ、家でも外でもWi-Fi経由で通信し放題」という状況を実現していました。

実際、契約ギガ数は7GBから3GBに下げたのですが、全く不便なし。
スマホ使用時に契約GB数を気にしなくてよくなったため、金額面だけでなく精神面でも良い影響がありました。

プランの変更はマイページが簡単に行えるようになっており、変更した翌月から適用されます。
実際に使ってのレビューはこちらの記事にまとめていますので、気になる方はどうぞ。

Wimax2+(W05)が外でも家でも働いてくれるおかげで月々のトータル通信料がお得に

2019.06.11
ちなみに、ほぼ海外にいる現在は

海外滞在中は「一番安いプラン(1000円くらい)」に設定しつつ、日本に帰るタイミングだけ「そこそこのGB数あるカウントフリープラン」に一時的に変更するという戦略を取ることで、日本の電話番号を維持しつつ、維持コストを最小限に抑えています。

こういった柔軟な使い方ができるのも嬉しいポイント。

※本記事の内容は2019年5月時点での情報です。最新の情報につきましては、必ず公式サイトにてご確認ください。

公式サイト:https://mobile.line.me/

情報の掲載には細心の注意を払っておりますが、キャンペーン内容/利用規約が突然変わる可能性もあるため、申し込みの際は必ずご自身でサービス内容/利用規約をご確認頂くようお願いいたします。