【ホーチミン】エッグコーヒーが飲めるカフェおすすめ3選(観光向)

ベトナム

ベトナムではちょっと変わった飲み物「エッグコーヒー」を楽しむことができます。

ホーチミンでエッグコーヒーが飲めるおすすめのカフェはどこですか?

こう言った疑問に答えるため、エッグコーヒーの飲めるカフェ巡りをしてきました。

その中でおすすめできると思ったお店を3店ほど厳選、楽しむための注意点を併せて解説していきます。

Sponsored Link


【ホーチミン】エッグコーヒーが飲めるカフェおすすめ3選(観光向)

ホーチミンでエッグコーヒーを飲むことができて、かつ観光地から比較的アクセスしやすい3店をピックアップしました。
・Mint Cafe Saigon
・Little HaNoi Egg Coffee
・Papaya-café
実際に行ってみたところ、3店それぞれに異なる良さ(味の個性)があったので、レビューしつつ紹介していきます。

はじめに:エッグコーヒーとは?


店員さんに直接、作り方をきいてみました。
※知っている方は飛ばしていただいて大丈夫です。

エッグコーヒーの基本的な作り方

① ベトナム式の方法でコーヒー(エスプレッソ)を淹れる
② 卵黄+練乳をミキサーまたはミルクフォーマーにかけてクリームを作る
③ グラスにコーヒー→クリームの順に注ぎ入れる
④ ココアパウダーを適量まぶす

今まで訪れた店の店員さん全員にきいてみましたが、上記が基本のようです。

が、店によっては「クリームの練乳はミルクで代用し、コーヒーの層に練乳を加えて甘さを出す」というようなアレンジを加えて個性を出すのもOKだそうです。

食感はどろっとした感じなので、飲み物というよりもスイーツとして楽しむことをおすすめします。


それでは本題に戻って、おすすめの3店を順番に解説していきます。

接客良好!「Mint Cafe Saigon」

mint_cafe_0
ホテル「Cinnamon Hotel Saigon」のフロント前スペースを「Mint Cafe」として運営しています。
ホテルのスタッフがカフェ業務も兼ねているためか、一般的なカフェと比べるとホスピタリティ高めです。

エアコンは冷房が弱めに効いていて、半袖でちょうど良いくらい。
着席と同時にアイスティーとメニューが出てきます。

肝心のエッグコーヒーは…

mint_0 クリームよりもコーヒーの方に甘さをつけているようなので、しっかり混ぜて味わう必要があります。

量が結構あるので一人だとちょっと飽きてしまうかも…

味自体は「甘さ控えめのカスタードクリーム」といった感じで、なかなか美味です。

【利用時のコツ1】ホテルの看板を目印にして探す

一応Mint Cafeとしての看板もあるのですが、店の近くまで行かないと判りづらいので、ホテルの看板を目印にすることをおすすめします。

来店の際は住所を参考にそばまで行き、赤い「Cinnamon Hotel Saigon(シナモンホテル)」の看板を探しましょう。

【利用時のコツ2】朝食時とバータイムは避ける

席数は(16名、最大4グループほど)と少なめ。
ホテル宿泊客が利用が増える朝食時とバータイムは避けたほうが無難です。

ティータイムでも空き席がないこともしばしばありますので「通りかかってみて空いていたら入る」くらいのつもりで良いかと。

確実に座りたいのであれば、最後に紹介する「Papaya Cafe」のほうをおすすめします。

「店舗情報」


                                                                                         
店名Mint Cafe Saigon(ミント・カフェ・サイゴン)
住所74 Lê Thị Riêng, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業日/時間月〜日:6時00分~23時00分
*祝日は休業または営業時間が変更になる可能性あり
WI-FIあり(無料)
電源一部の席にあり(無料)
空調常時冷房
喫煙店内完全禁煙
テラス席なし
予算コーヒー:38,000 VND〜(エッグコーヒーは55,000 VND)

隠れ過ぎてる有名店!「Little HaNoi Egg Coffee」

lhe1_2 「ブイビエン通り」と言うバックパッカー街にある人気店です。

少々分かりづらい場所にあるので、このお店を教えてくれた方の手順(後ほど解説)通りに行ってみると…

lhe1_1 こじんまりとした、隠れ家的スペースがありました!

席に着くとすぐにメニューとお茶を持ってきてくれ、注文を取ってくれます。

スタッフの方はブイビエン通り沿いという立地のためか、他の店と比べて日本人が聞き取りやすい欧米寄りの英語を話してくれました。

エッグコーヒーは甘すぎず苦すぎずの絶妙な味付けで、あっという間に完食!

【利用時のコツ1】店の近くのバーの看板を目指そう

一見「ここ入っても良いの?」と言う場所にあるので、アクセスの手順を写真を使って解説していきます。
lhe2_1
lhe2_2
lhe2_3
Googlemapを頼りに、店のそばまで行きましょう
②写真1枚目(左):近くまで来たら「Ban Va Toi(バー)」の看板を探してください
②写真2枚目(中):店の左脇に、目的の店に通じる通路があります。
③写真3枚目(右):奥に進むと入り口を示す看板が見えます。右手が店の1F(入り口)です。

※このお店は1Fが厨房になっており、2Fと3Fが客席スペースとなっています。

【利用時のコツ2】席数少ない有名店なので来店時間を考慮

現在盛り上がりを見せているバックパッカー街「ブイビエン通り」からのアクセスが良好、普通にフードもオーダーできるお店のため、アクセスが悪い割に混雑します。

特に休日共に昼食時と食後のティータイムが混雑する傾向にあるため「オープン直後」もしくは「夕方〜閉店」くらいを狙っていくと座れる確率が高く、注文が出てくるまでの時間も短いです。

「店舗情報」


                                                                                         
店名Little HaNoi Egg Coffee(リトル・ハノイ・エッグ・コーヒー)
住所165 Bùi Viện, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業日/時間月〜日:7時00分~19時00分
*祝日は休業または営業時間が変更になる可能性あり
WI-FIあり(無料)
電源一部の席にあり(無料)
空調常時冷房
喫煙店内完全禁煙
テラス席なし
予算コーヒー:25,000 VND〜(エッグコーヒーは40,000 VND)
フード:あり

ティラミス感たっぷり!「Papaya-café」

papaya_0 ホテル「Papaya Saigon Central Hotel」併設の「カフェ兼ラウンジ」です。

ここの魅力は「アクセスの良さ」と「ほぼ確実に入れる」という点です。


papaya_2 観光街からのアクセスが良く、外観も他の2店と比べてわかりやすいのが嬉しいポイント。

そして、ホテル特有の混雑時(朝食とバータイム)さえ外せばお客さんがほとんどいないため、確実に座れます。

バーとしての表情も持っているため、内装もおしゃれです。

papaya_3 食事もオーダできますが、日中でもサラダが80,000VND(約400円)〜とかなり強気な値段設定…

あえてここで食事をする必要はないかなと思います。

肝心のエッグコーヒーは…

papaya_4 ココアパウダー多めでティラミス感強めです!

他の2店舗と比べると、少々高めの値段設定ですが、納得の美味しさでした。

【利用時のコツ1】軽く羽織れる上着の持ち込み推奨

ホーチミンの傾向として、カフェの冷房は弱め(長時間だとちょっと肌寒い程度)の設定なのですが、ここは入店した瞬間汗が引くレベルの温度設定になっていました。

日によって差はあるかもですが、羽織れるものを持っていくことをおすすめします。

朝食とバータイムは宿泊客の利用が増えるので、これらの時間帯は外しましょう。

おすすめは昼過ぎ(14:00〜16:00)です。

ほとんど利用客がいない時間帯のため、注文が出てくるまでのスピードも速めです。

「店舗情報」


                                                                                         
店名Papaya-café(パパイヤ・カフェ)
住所157 Lê Thánh Tôn, Phường Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業日/時間月〜日:6:00~22:00
*祝日は休業または営業時間が変更になる可能性あり
WI-FIあり(無料)
電源一部の席にあり(無料)
空調常時冷房
喫煙店内完全禁煙
テラス席なし
予算コーヒー: 45,000VND〜(エッグコーヒーは65,000 VND)

ココアパウダーの量で「少いほどカスタードクリーム寄り、多いほどティラミス寄りの味わいになる」という印象。

配分がそのままお店の個性につながっているように思いますね。

以上、エッグコーヒーが楽しめるおすすめカフェの紹介でした!

人気記事ホーチミン観光でおすすめの両替所はATM