ホーチミン|カフェ価格で利用できるコワーキング「Nest by AIA」

ベトナム

ベトナムホーチミンにはコワーキングスペースが多数存在しているものの、料金形態も価格帯もそれぞれで異なっているという状況です。

快適にPC作業したいけど、コストはカフェでの作業と同じくらいに抑えたいです…

予算的にはカフェ感覚で使えて、ノマド作業向きの環境は充実している、

そんな「コスパの高いコワーキングスペース」はありませんか?

こういった疑問に答えるべく、今回は2019年からベトナムのホーチミンを主拠点としてノマド生活を送っている私が

カフェ価格で使えるコスパ最強のコワーキングスペース「Nest by AIA」を紹介します。

ホーチミン|カフェ価格で利用できるコワーキング「Nest by AIA」


「Nest By AIA」はベトナム、ホーチミンの市内中心にある商業ビル「ビクステコ・フィナンシャルタワー」の中に入っている、アクセス抜群のコワーキングスペースです。

ドリンク一杯の購入と引き換えに、その日の滞在が終日許されるというシステムで、安く済ませようと思えば

約300円(コーヒー1杯)いう手頃な価格1日利用できます。

おそらく、1日利用料金はホーチミンのコワーキングスペースで最安です。

「Nest by AIA」の魅力・おすすめポイント



・ドリンク1杯の購入と引き換えに終日利用可能

・椅子がほぼ全てソフトシート

・近く(同建物内)に大戸屋がOPEN予定


前述している通り「安さ」はこのコワーキングの一番のポイントなのですが、それ以外にも私が実際に使ってみて魅了を感じたポイントを挙げました。

それぞれ詳しく解説していきます。

ドリンク1杯の購入と引き換えに終日利用可能


一般的なコワーキングスペースは「利用時間に対して料金を取る」というスタイルが一般的ですが、ここはドリンクを1杯購入すればその日は終日滞在可能です。

ドリンクは安いもの(アイスコーヒー)なら約300円からの価格設定になっています。

他のコワーキングでは終日利用だと1000円弱くらいかかるのが相場の中、圧倒的なコスパを誇ります。

もちろん、電源、Wi-Fi、スペース内にあるお手洗い等の利用権利はドリンク代に込みです。

水のサービスもあるようですが、ドリンクの持ち込みOKなので、ペットボトルのものを持ち込んでも良いでしょう。

近く(同建物内)に大戸屋がOPEN予定

nest_3
具体的な日付が書いていないため詳細は不明ですが、同ビル内(1つ下のフロア)に大戸屋がオープンするようです。

日本人としてはありがたい限りですね。

カウンター席で立ち作業可能

nest_4
柱周りのカウンターで立ち作業が可能です。

まだまだ少数派かもしれませんが「立ち作業派」には嬉しいポイント。

カウンターチェアが配置されているれっきとした「席」扱いなので、電源もちゃんと取れます。

ただし、デスクの高さは調節できないので、体格による向き不向きどうしても出てきしまうかと。

私(170cmちょい)で割とギリギリで、それ以下の方だとちょっときついかもです。

あと、個人的には奥行きがちょっと足りない(普通にノートPC開く分には全く問題なし)

「Nest by AIA」のイマイチな点


イマイチな点もあります。


・Wi-Fi速度は一般カフェレベル(ホーチミン基準)

・休日に混雑する傾向あり(対策可能)


値段が安い分、仕方ありませんね。

対策・代替案はありますので、以下で解説していきます。

回線のパフォーマンスが要求される作業には向きません


提供されているWi-Fiの速度を測ってみました。

nest_wifi

大容量のファイルアップロード、ダウンロードが絡むとちょっときついですね。

なお、ネットサーフィンや動画鑑賞する分には問題ありませんでした。

と言うわけで、回線パフォーマンスを求める場合は他のコワーキングやカフェに行くことをお勧めします。

私もオンラインミーティング等、通信環境を重視したい場合は別の場所を使うようにしています。

個人的には別記事でも紹介しているカフェ「Aramore Coffee」が快速なのでパフォーマンスを求める方にはイチオシです。

休日の利用は避けるか早めの席確保がおすすめ


外国人、現地人問わず結構人気のコワーキングらしく、休日は利用者がかなり増えます。

平日はそこまで混まないので「行けばどこかしらに座れる」という印象ですが、休日は席が埋まるスピードが速く、満席になっている時間もちらほら存在します。

もし休日に利用する際は、オープン時間に合わせていくと座席の確保はしやすいです。

とはいえ、作業場という言うよりはカフェ感覚で利用しているお客さんが多いようで、平日と比べるとどうしても騒がしい印象を受けます。

休日でも確実に席を取りつつ、落ち着いて作業したい場合は別記事で紹介しているコワーキング「KA KONCEPT」の方が圧倒的におすすめです。

「Nest by AIA」のアクセス・利用方法・注意点

ビル入館→入店→ドリンク注文→席確保までの流れ


Nest By AIAの入っているビクステコ・フィナンシャルタワーは「商業施設用の入口」と、上階にある展望台「サイゴン・スカイデッキ専用の入口」が存在しています。

そんなに難しくないのですが、念のため解説していきます。


住所を参考にビルを目指し、こちら↓の車寄せ(タクシー乗り場)まで行きましょう。

nest_5
タクシー/バイタクであれば、大体は車寄せで降ろしてくれます。

降りて目の前(写真だと左手)が商業施設の入口です。

nest_1
入るとこんな感じの光景ですので、中央のエスカレータで2F(日本的には3F)まで上がります。

nest_2 2Fにある店舗の入り口です。この木のトンネルから中に入る感じです。

入るとドリンク注文のカウンターに誘導されますので、まずは飲み物を購入しましょう。

これが実質利用手続きですね。

nest_6
支払いを済ますと番号札を渡されますので、席を選び、番号札を卓上に置いてドリンクの到着を待ちます。

ちなみに座席はいくつか種類があり(記事トップ画像参照)


・壁沿いのテーブル席

・アイランドタイプのテーブル席(1テーブルを8人程で利用する)

・窓沿いのソファー席(テーブルがロータイプのためPC作業には不向き)

・柱周りのカウンター席(立ち作業も可能)


といった感じですので、お好みの場所をチョイスしましょう。

なお、全席ソフトシート(クッション座面)です。

注意点1:羽織れるものを持って行こう


空調(冷房)がそこそこ効いておりまして、長半袖だとちょっと厳しいかなと言う感じです。

薄手でも良いので、羽織れる長袖を持っていくのがおすすめです。

注意点2:離席の際は私物を1つ以上置いておこう


一般的なコワーキングと同様、席をキープしつつ外出(離席)可能ですが。

ドリンクを残しておくだけでは、撤収と捉えられてしまうため、仮に飲みかけでも片付けられてしまいます。

個人的おすすめ戦法は

上着+最悪消えても良い文房具(ペンとノート的なもの)を席に置いておき、デバイス類は持って外出

です。

戻ってくる感を醸し出しつつ、貴重品は持って行きましょう。

店舗詳細

                                                                                                 
店名Nest by AIA
住所Bitexco Financial Tower, Tầng 2, 02 Hải Triều, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh
営業日/時間月〜日:9時00分~21時00分
*祝日は休業または営業時間が変更になる可能性あり
WI-FIあり(無料)
電源ほとんどの席にあり(無料)
空調常時冷房
お手洗い店内にあり(男女別)
喫煙店内完全禁煙
テラス席なし
予算コーヒー:55,000 VND〜
 

というわけで、カフェ感覚で使えるコワーキングスペース「Nest by AIA」の紹介でした。

ノマド民も多いため居心地がよく、何より立ち作業できるエリアが存在しているのが嬉しくて、度々利用しています。

これだけの環境を300円程で終日使えてしまうコスパの良さは、さすがベトナムといった感じです。