GearBestで購入した「ASUS Zenfone6」がDHLで届くまで(注意点あり)

ガジェット

この記事では、中国の通販サイト「GearBest」で購入したASUSのスマートフォンZenfone6が「DHL Express」という発送方法で私の手元(日本)に届くまで一部始終を記録しています。

また、個人輸入を一通りやってみて気が付いた注意点についても書いています。

・GearBest経由で何かしらの商品を個人輸入したい
・DHL Expressを配送方法に指定しようと思っているが届くか心配
・ASUSの「Zenfone6」を日本に個人輸入したい
 ←日本で国内正規品の販売が始まった現在は推奨しておりません
といった方々の参考になれば幸いです。

Sponsored Link


GearBest経由で個人輸入した「ASUS Zenfone6」がDHLで届くまでの記録

【個人輸入の経緯】Zenfone6とGearBestについて

Zenfoneは台湾の家電メーカーASUS社の展開するスマートフォンです。
現行最新機種の「Zenfone6」は2019年5月中旬に発表され、徐々に他国でも発売が始まる中、日本では5月末時点で「発売時期未定」という状況でした。
しかし、いくつかの中国のECサイトで海外版端末の販売を開始しているとの情報あり。

それらのサイトを比較した結果、問い合わせや問題発生への対応が早いと言われていた「GearBest」から買うことを決めました。
追記(2019年8月23日)
日本で国内正規品Zefone6の販売が開始された現在、保証や通信対応周波数等の観点から、海外版の購入はおすすめしておりません。今からZenfone6を購入する場合は、国内正規品を選ぶことをおすすめします。

GearBestで指定した配送方法「DHL」について

DHLは世界220以上の国・地域をカバーする国際宅配便サービスです。
日本郵便の提供する国際宅配便「EMS」のドイツ版と認識してもらえばと。

前述したECサイトGearbestでは、この「DHL」が配送方法指定の際に選択肢の一つとなっています。
ただし、今回のZenfone6注文に関しては選択できる配送方法がDHLのみでした。

注文の詳細と到着日時

                                                                     
注文店舗Gearbest
注文商品Zenfone 6 (6GB-RAM 64GB-ROM Grobal Model, A version, Midnight Black) 1台
発送方法DHL
支払金額商品代:66,779円
配送料:229円
配送保険料:1,681円
支払方法Paypal(支払金額合計「68,689円」を登録クレジットカードで決済)
注文日時2019年6月1日
商品受取日時2019年6月14日
というわけで、注文日から2週間程で届きました。
本体の値段は定期的なセールがあったりで日々推移しています。
最新の価格は商品ページにてご確認いただければと。
正確には、GearBestが商品を発送するまでに10日、発送してから私が受け取るまでに4日を要しています。

GearBestから発送された注文から届くまでの流れ(詳細)

日毎のGearbest、配送業者、私自身の動きの詳細をまとめました。

6月1日:注文

zf6_12ペイパルで支払いました。

zf6_13注文・支払い内容がメールが送られてきます。

zf6_14商品の状況をWeb上で閲覧するためにはGearbestへの会員登録が必要だったので、同時に登録。

zf6_16

6月2日〜6月9日:音沙汰なし(おそらく取り寄せ中)

在庫薄なのか、注文受けてから取り寄せているのかはわかりませんが、注文完了から商品発送までがそこそこ長かったです。

4日ほど経つとGearbestのマイページにて「Dispatch Faster」ボタンなるものが表示されたので、とりあえず押してみます…

翌日見てみると、ステータスは「Paid」のままでボタンが再び表示されていました。
どうやら押してから24時間経っても発送されていない場合に再表示される仕様になっているっぽいです。

押しまくってペナルティ受けることもなさそうなので、発送されるまで毎日押しました。

6月10日:出荷、発送

ようやくGearbestから出荷完了のメールが届きました。

zf6_15このタイミングで「追跡番号」が発行され、Gearbestとは別のサイトで発送状況の詳細が閲覧できるようになります。

Webサイト上のステータスが「Paid」から「Shipped Out」に変わりました。

zf6_9中国(香港)の倉庫からの発送のようですね。
この段階ではDHLの輸送網には乗っていないようです。

タイミングよく私自身もベトナムから日本に帰国。

6月11日〜6月12日:荷物がDHLの手に渡り、配達予定日がSMSで届く

突如私の携帯電話にDHLからSMSが届きました。

zf6_10
最初はスパムかと思ったのですが、ググってみたところDHLから送られているもので間違い無いようです。
「目安」とあったので、時間指定は特にしませんでした。

6月13日:商品入国、国内配送業者の手に渡る

香港→成田の飛行機で空輸されたようです。
一気に配送の履歴が増えました(後ほど掲載)

この日の間にDHLから日本の配送業者の手に渡っています。

6月14日:商品到着・受け取り(予定日通り)

東京の実家に佐川急便で届きました。

zf6_6受け取り時はサインのみして終了。

zf6_18すぐに中身を確認したところ、梱包はしっかりとされています。

zf6_7物も確かにありました。

zf6_17Webサイトを確認すると、ステータスが「Delivered」に変わっていました。
これで取引完了です。

最終的な追跡記録はこんな感じです。

zf6_11

GearBestで個人輸入をしてみて思ったこと

思ったよりもずっとクリーンで良対応

正直な話「3~9営業日内の発送」とは記載しつつも1ヶ月、最悪届かないというケースも想定していました。
過去に似たような買い物で「発送期限1ヶ月遅れ+税関で引っかって届かない+返金なし」という経験をしていたので…

しかし、割とギリギリだったものの「3~9営業日内発送」は守られ、商品も問題なく受け取れることができました。

また、今回私は陥りませんでしたが「届かない(在庫が無い)ので返金」という状況でも真摯に対応してくれる業者のようです。
中国だから…と思っていたのですが、時代は変わってきていますね。

とはいえ「時間にシビアな状況」で使うのは危険

仕事で中国から日本への輸送を頻繁に使っていた方によると「DHLの輸送網にさえ入ってしまえばほぼ安全で、よっぽどのことがない限りSMS記載の予定通り届く」とのこと。どうやら出荷されるまでの時間がカギになっているようですね。

Gearbestは商品が「要取り寄せ」の場合でも記載「3~9営業日内に発送(目安だよ)」とか普通に記載していますので、人気商品だと出荷までが長引くケースもありそうです。また「Gearbest側のミスでDHLがうまく運べず遠回り」というケースもあるみたいなので、ある程度時間に余裕のある買い物で利用したいところですね。

Gearbest経由で海外版端末(並行輸入品)を購入する際の注意点

長くなってしまったので、詳しく別記事「グローバルモデル・海外版SIMフリー端末購入時の注意点(3つある)」にてまとめていますので、こちらをご確認ください。

以上、Gearbest経由で海外版のZenfone6を個人輸入したお話でした!

Zenfone6の海外版端末購を検討している方へ

Gearbestで販売されている海外版のZenfone6は「A version」の可能性大です。

日本メインで使う予定であれば、端末と利用予定キャリア(SIM)の回線周波数帯の相性には特にご注意ください。

私自身、日本のソフトバンク回線(LINEモバイル)で問題なく通信できることは確認しましたが、この手の問題が起きているはいつもau(KDDI回線)系とdocomo系のSIMなので、該当する方は国内正規品を購入した方が安全です。


関連記事ASUS Zenfone6(ZS630KL)関連情報TOP