グローバルモデル・海外版SIMフリー端末購入時の注意点(3つある)

ガジェット

この記事では、スマホやタブレット選びの際に

・日本で「海外版」「並行輸入品」として売られている端末を買いたいです!
・海外から「日本未発売の端末」を個人輸入しようと思っています!
といった方向けに、気をつけて欲しいポイントを解説しています。

Sponsored Link


グローバルモデル・海外版SIMフリー端末購入時の注意点3つ

【はじめに】海外版端末について

始めに、日本国内で手に入る端末における「海外版端末」と、その対象とも言える存在「国内正規販売端末」ついて簡単に解説します。

国内で販売されているスマートフォンやタブレットは大きく分けて2つ、国内正規販売端末か海外版端末に分けられます。

Amazonを含む、通販サイトの商品欄に「並行輸入品」や「グローバル版」といった記載があるのは「海外版端末」に該当し、グローバルモデルと呼ばれたりもしています。

一方で、同じ通販サイトでも「国内正規販売品」や「日本正規代理店品」といった記載があるのは、国内正規販売端末です。

また、特に記載の無い「大手家電量販店や通信会社(格安SIMキャリア含む)経由で購入する端末」については、国内正規販売端末に該当します。

デザインや性能が全く一緒ということもままある両者ですが、海外版の端末購入時には注意して欲しいポイントが3つほどあります。
1. 技適マーク(日本の技適通過)の有無
2. 故障・破損時の保証・修理サポート
3. 対応周波数帯

普段スマホを使う上ではあまり意識しない項目もありますので、以下で詳しく解説していきます。

1. 日本の技適の通過

sp_03
「購入した端末を日本国内で使う予定なし」という方は飛ばしていただいてOKです
日本国内では、無線通信を行う機器の使用は総務省認可を受け「技適マーク」を取得する必要があり、現状技適マークが付いていない機器で無線通信を行った場合は電波法に反する「違法行為」に該当します。

この「技適」は日本特有の認可項目のため、海外版端末には技適マークがついてないもが存在しており「無線通信は違法だけど、販売や購入は合法」というなんとも言えない状況なので、国内で普通に買えてしまうというわけです。

海外版の端末、特に日本で未発売のものを購入する際は「日本の技適マークがついているかどうか」を確認してみましょう。

なお、国内正規販売端末は技適マークの取得(技適通過)が原則のため、考慮する必要はありません。

技適マーク未取得の摘発例は…?

現状私が知る限り無いんですよね…
如何せん「無線通信は違法だけど、販売・購入・所持・有線での通信は合法」という状況なので、世間的にはグレーゾーン(使用するなら自己責任)的な風潮です。
個人的には「知らずに使っていた」という事態だけは避けてほしいので、事前の確認をおすすめしています。

2. 故障・破損時のこと(保証・サポート)

sp_01
「端末の修理保証・サポートは必要なし」という方は飛ばしていただいてOKです。
日本に進出してきているメーカー(HUAWEI、ASUS、Google等)であっても日本国内での保証が効く(故障・破損時のサポートが受けられる)のは国内正規販売端末のみとなっていることが多いため、注意が必要です。

この辺りは「購入するメーカー・機種」や「購入する場所・ルート」によって違いがあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

一方で国内正規販売端末は…?

日本のキャリア(格安SIM含む)やオンラインストア販売されている国内正規販売端末は
・メーカー(海外メーカー含む)による日本国内での故障・破損時の修理サポートを受けられる
・購入時に追加料金を払うとメーカーや販売店による「保証期間の延長」が可能

といった感じで、保証・サポートが割と充実している感じです。

3. 対応周波数(利用予定SIMとの相性)

sp_02
「購入した端末にSIMを挿して使う予定がなし(Wifi通信のみ)」という方は飛ばしていただいてOKです
日本で一般に普及している通信キャリア(格安SIMも含む)は、基本的にNTT(docomo)回線、KDDI(au)回線、Softbank回線のいずれかを使用しており、回線ごとに利用している周波数帯が異っているという現状があります。

一方で、対応している(受信できる)周波数帯は端末によって異なるため「自分の使っているキャリアが利用している周波数帯と、端末で受信できる周波数帯の相性」によってはSIMを入れたのに繋がらない、繋がったけど通信パフォーマンスが出ないといった状況に陥ってしまう可能性があります。

一般的の家電量販店やキャリアのWebサイトで購入できる端末は基本的に「国内正規品」のため、この問題はクリアしている(or購入時に説明がある)のですが、これが海外版となると話は変わってきます。

ネット通販で売られている海外版端末のレビューを見ていると、多くの方がこの「対応周波数帯」を考慮せずに失敗しているようですので。
せっかくの買い物で後悔しないよう、事前に確認しておきましょう。

以上、グローバルモデル・海外版SIMフリー端末を購入する際に気をつけてほしい3つの注意点でした!

端末とキャリア回線の周波数帯確認方法

「そうは言っても、何をどう確認すれば良いのかわかりません…」

という方向けに、確認の際の手順を実例使いつつ解説しました(長くなったので別記事です)
>>【実例で解説】海外版スマホ購入時に推奨「対応周波数帯」確認方法

【結論】日本で使うなら「国内正規販売品」がおすすめ

というわけで、買い増しの場合や日本に入ってこないような端末が欲しいなら冒険(自己責任)もアリかもしれませんが、安定して普段使いできる端末が欲しい場合は同じSIMフリー端末でも国内正規販売品を選んだ方が無難ですね。

国内発売前に先走って海外版のZenfone6を買っているので「どの口が」という感じですが、購入に踏み切った背景として「国内正規品として購入したiPhoneSE(日本滞在中に確実に使える端末)」の存在は重要でした。

最近は格安SIMキャリアでも比較的ハイスペックな端末を扱っていたり「長期端末保証」や「分割払い」が充実してきたので、欲しいと思える端末がラインナップにあるならそれを選ぶのもありですね。