Zenfone6を使って1ヶ月「高まる満足度と変わらない唯一の不満点」

ガジェット

2019年6月なかばに手に入れたZenfone6(ZS630KL)を使い続けて約1ヶ月が経ちました。

操作にも慣れてきまして、設定を色々弄っていく中で「自分好みのチューニング」が進み、満足度は日に日に高まってきている感じです。

ただし、不満ゼロかと言われるとそうでもないので、この記事ではZenfone6を購入してから1ヶ月ほど使ってきた中で見えてきた様々な良さと、唯一感じている不満点についてまとめました。

Zenfone6を使って1ヶ月「高まる満足度と変わらない唯一の不満点」

唯一の不満は重さと大きさによる「携帯性」

zf6c_8 こればっかりは物理的な問題なのでどうしようありませんね。

ズボンのポケットに入れた時の存在感はどうしてもあります。

カバンに入れて持ち運ぶ分には全く気にならないのですが「スマホはポケット派」にはちょっと辛いかなーという感じです。

ただ、操作自体は1ヶ月でだいぶ慣れたので、そこまで不便に思っているかと言えばそうでも無い感じです。

大画面「ノッチレスディスプレイ」はやはり快適

全画面で映画視聴・ゲームプレイ

zf6_52 よく「Amazon Prime」で映画を見るのですが、全画面再生で画面いっぱい使えるのが良いですね〜

読書(電子書籍)が捗る

zf6_53 最近は電子書籍を読むことが多いので、1ヶ月間で色々読んでみました。

特に横書きの文章と漫画が読みやすいと感じます。
「読書灯」という画面の青い光をカットする機能があるのも良いですね。

前機のiPhoneSEでは、漫画を読む際に「セリフがよく見えなくて拡大」ということも多かったのですが、Zenfone6ではほぼ無いです。

流石にタブレット端末の快適性には敵いませんが、荷物を増やしたくない場面ならZenfone6だけで良いかなと思えるくらいには実用的だと感じます。

新機能「フリップカメラ」が楽しすぎる

角度調整 このZenfoe6の一番の特徴とも言える「フリップカメラ」ですが、こちらのブログに使用している写真の撮影等々で大活躍しています。

カメラ部分が稼働するパノラマ撮影や、カメラの角度を微調整できることで、撮影の幅が広がったと感じます。

実際に撮った写真や搭載されている機能については以下の記事をご参照ください。

【最強のセルフィー端末?】Zenfone6のフリップカメラでできること

2019.06.27

付属イヤフォンは「オーディオウィザード」設定で化ける

zf6a_thm ZenUI(OS)の機能、オーディオウィザードの設定を行ったところ、付属のイヤホン「Zen Ear Pro」から聞こえる音が大きく変化しました。

正直な話「通話に使えれば良いか」くらいに考えていたのですが、さすがに「Zenfone6専用チューン」だけあるなーと感じます。

詳しくは、以下の記事をご参照ください。

Zenfone6付属イヤホンはハイレゾ対応!自分好みの設定で楽しむ手順

2019.06.26

「指紋センサー+ショートカットメニュー」のコンビネーションが便利

setting_4a2 設定(以下の別記事解説)を行うことで、デフォルトでは「画面を下方向にスワイプ」で表示させることのできる通知+ショートカットメニューエリアを「指紋センサーを下方向にスワイプ」で表示できるようになります。

現役ユーザが厳選!Zenfone6(ZS630KL)のおすすめ設定まとめ

2019.06.30
指紋認証で画面のロックを解除した流れでショートカットメニュー、通知一覧へアクセスできるのは思いの外便利。

全てを支えてくれている大容量バッテリーに感謝

zf6_4 私自身、日中の移動では地図機能付きのアプリを使うことが多く、オフの時間帯は「Youtubeで動画視聴」「kindleで読書」「ゲームアプリで3Dモード使用」等それなりに負荷はかけているはずなのですが、今のところZenfone6の充電は「2日に1回」に落ち着いています。

PCばかり触っている日があったりすると、3日とか平気で保ちますね。

しかも「高速充電対応」なので、5000mAhの大容量にも関わらず10%台から満充電まで2時間程で完了という素晴らしさ。

ASUSのZenfone6で急速充電(Quick Charge)を試してみた

2019.06.25
加えて、リバースチャージにも対応しているので、別売りのOTGケーブルを噛ませることでモバイルバッテリーのように他の端末を充電することが可能です。

Zenfone6はリバースチャージに対応(メリット・方法・注意点)

2019.06.24

結論:メインマシンとして問題無し+今後のアップデートにも期待

Zenfone6はハイエンドプロセッサ「Snapdragon 855」搭載端末でもあり、普段使いの動作には全く問題ありません。

メインマシンとして十分活躍してくれる1台だと感じます。

また、この1ヶ月の間にOS(主にカメラ機能)のアップデートがあり「AR Core」や「一部撮影モード時の8倍ズーム」の利用が可能になりました。

これからの機能追加にも期待が高まります。


関連記事ASUS Zenfone6(ZS630KL)情報まとめTOP