バンコクでバタフライピー製品が買えるおすすめ店はLemon Farm

タイ

鮮やかな青色が美しく、健康にも良いと話題沸騰中のハーブティー「バタフライピー」

本場タイでは日本買うよりも安く手に入るので、バンコク旅行のお土産にはぴったりです。

今回はハーブティーやシャンプー等のバタフライピー製品を豊富に取り揃えるオーガニックショップ「Lemon Farm(レモンファーム)」を紹介します。

バンコクでバタフライピー製品が買えるおすすめ店はLemon Farm

はじめに:バタフライピーについて

lf_13 バタフライピー(Butterfly Pea)はタイで「アンチャン」と呼ばれるハーブの一種。
日本では青いお茶として最近話題になっています。

酸性の液体と混ざると紫色に変わる性質を持つため、柑橘系の果汁を後入れして色の変化を楽しむこともできます。
名探偵のコナンのトリックでも使われたとか…

なお、バタフライピーの青色は「天然色素の青」で、栄養素としては「アントシアニン」が豊富に含まれているため、一見健康に悪そうですがむしろ良いみたいです。

Lemon Farm(レモン・ファーム)について

lf_1 レモンファームはタイのバンコクに展開しているオーガニックショップです。

lf_7 バタフライピーをはじめとし、グルテンフリー食品やマヌカハニー等健康に良さそうな食品をラインナップ。
レモンファーム以外はの店舗は?
もちろん、バンコクではレモンファーム以外にもバタフライピーを取り扱っている店舗はありますが、日本人に人気の商品をしっかりラインナップしており、クレジットカードでの支払いも可能、アクセスのしやすさを考慮するとバタフライピー商品を買い揃えたければとりあえずレモンファームに行けば間違いないというのが個人的な見解です。

それでは、私が実際に訪問した際に置いていた(購入した)商品を値段と合わせて紹介していきます!

定番・人気のバタフライピー製品をしっかり取り揃え(写真有り)

ハーブティ「バタフライピー×レモングラス」

lf_11 バタフライピーにレモングラスをブレンドしたハーブティのティーパック。
お値段は120バーツ(約400円)です。

バタフライピー・ウーロン(ティーパック)

lf_10 こちらはウーロンの茶葉をブレンドしたティーパック。
レモングラスの方に比べると量が少なめですが、パッケージが缶のため、量に対してのお値段は少々高めの120バーツ(約400円)
ただし「お土産としてのサイズ感」的にはこちらの方がおすすめ。

もちろん、ティーパック以外の茶葉?も手に入ります。

バタフライピーシャンプー、コンディショナー(アバイブーべ)

lf_9 タイ王家が設立した国営病院「アバイブーベ」で作られている、日本でも人気のブランド。
お値段は70バーツ(約250円)です。

アマゾンでも並行輸入品が販売されているので日本でも手に入りますが、バンコクで買ったほうが断然お得ですね…

バタフライピーシャンプー、コンディショナー(bynature)

lf_6 こちらもそこそこ有名なブランドのようです。
お値段はシャンプーコンディショナー共に110バーツ(約400円)

バンコク土産購入におすすめ「Lemon Farm トンロー店」

住所:84 ซอย สุขุมวิท 55 Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

今回私が利用した店舗です。

BTS(モノレール)のトンロー駅から徒歩5分程と、アクセス良好。
クレジットカード(VISA)も使えます。

バタフライピー商品を集めて置いているコーナーが入り口側にありました。

lf_4 ある程度観光客需要を見込んだ売り場づくりをしているように感じますね。