タンソンニャット国際空港のプライオリティパスラウンジ(国際線)

ベトナム

この記事はベトナムホーチミンの「タンソンニャット国際空港」国際線ターミナルにあるプライオリティパス対応ラウンジ「ORCHID LOUNGE(オーキッドラウンジ)」を訪問した際の記録です。

ラウンジ内の様子から、提供されているフード・ドリンク、Wi-Fi・電源事情まで写真付きで解説しています。

Sponsored Link


訪問時期・日時について

第一回:2019年7月末の13時頃(ベトナム航空「ホーチミン→バンコク便」利用時)

タンソンニャット国際空港のプライオリティパスラウンジ

タンソンニャット国際空港(国際線ターミナル)のラウンジ事情

2019年現在、タンソンニャット国際空港の国際線ターミナルには5つのラウンジが存在します。
・Lotus Lounge1
・Lotus Lounge2
・ROSE Lounge
・ORCHID LOUNGE
・Le Saigonnais Lounge
場所は全て出発エリア(出国手続き・保安検査通過後)となっています。

5つのラウンジの中で、プライオリティパスに対応しているのは「ORCHID LOUNGE(オーキッドラウンジ)」のみです。

オーキッドラウンジの営業時間外(2:00~6:00)はROSE Loungeが利用可能になるとのこと。

プライオリティパスとは?

簡単に説明すると「提携している空港のVIPラウンジが使える会員カード」です。
普通に手に入れようとすると年429USD(約45000円)程かかるので、私は楽天プレミアムカードに無料付帯しているものを使っています。

プライオリティパス対応「オーキッドラウンジ」解説

オーキッドラウンジへのアクセス

sgn_orchid_16 入り口が少々分かりづらかったので、備忘録も兼ねてラウンジへのアクセス手順を記録しています。

vn6_8 こちら、保安検査エリアを出たところ。

オーキッドラウンジはフライト情報(電光掲示板)の左手へ。
Gate10のそばまで来たら周囲を見渡してみてください。

sgn_orchid_17 こちらが入り口。
少々分かりづらい、物陰的な場所にあります。

扉の向こうにラウンジへ通じる階段、エレベータがあるので、下りましょう。

ラウンジ内様子・混雑具合

sgn_orchid_8 ラウンジ内の様子です。満席にはならないものの、利用客はそれなりにいる感じですね。

団体客はほぼおらず(欧米人の家族が1組ほど)ラウンジ内は外と比べると非常に静かな印象を受けました。

座席はテーブル席よりも、ソファー席の方が人気のようです。

フード・ドリンクのラインナップ

sgn_orchid_13 フードエリア。内容は西洋系(パン)とベトナム料理という印象。
ベトナム料理は「チャオ(おかゆ)」や「フォー」を自分の好きな具材を入れて楽しめます。

sgn_orchid_10 こちらがフォーエリア。奥の器の中にはすでに麺が入っており、好きな具材をトッピングしたら、銀色の鍋の中に入っているスープを注ぎ入れて完成です。

sgn_orchid_9 フードカウンターの前にあるデザートコーナーです。
フルーツやクッキー、サンドイッチ的なもの(甘い)がありました。

sgn_orchid_4 こちらがドリンクコーナーのカウンター部分。

コーヒー、紅茶、常温のペットボトル水、ワイン(赤と白)など。
氷はもちろん、シリアルや袋詰めのスナックも置いてありました。
sgn_orchid_5 カウンター右手にはドリンク用の冷蔵庫が。

ソフトドリンクはコーラ、コーラゼロ、スプライト、トニック、炭酸水、レモンティー、その他よくわからないフルーツ系飲料。
缶ビールは定番の「333」とちょっぴり高級な「Sigon Special」をラインナップ。

シリアル用と思われるミルクも冷やしてありました。

電源・Wi-Fi・敷地内にお手洗いあり

sgn_orchid_12 確認した限り、ドリンクエリア前のテーブル席以外のすべての座席で電源が取れます。

もちろんラウンジ内ではFree Wi-Fiが利用可能。
「出発前にひと仕事」もありですね。

お手洗いは敷地内にあります。
写真はありませんが、利用した際には「清掃がよく行き届いているなー」という印象を受けました。

オーキッドラウンジを訪問した率直な感想

フライト前の腹ごしらえに最適

他のプライオリティパスホルダーの方々か聞いてはいましたが、オーキッドラウンジはフードのクオリティが高め。

sgn_orchid_6 特に自分で好きな具材を合わせて作るフォーが美味い。
sgn_orchid_11 生春巻きもいただきました。
国を離れるギリギリまで、ベトナムを堪能することができる素晴らしい場所です。

開放感のある空間は素晴らしい

sgn_orchid_2 席感覚も広く、天井が高いため開放感は抜群。
客層も一人の方からグループ(家族)まで、国籍も様々でしたが騒ぐような人はおらず。

他のラウンジと比べるとややカジュアル路線と聞いていましたが、実際は優雅な時間が流れていると感じました。

プライオリティパスを持っているだけで、フライトの待ち時間がこんなにも快適になるのかと…
タンソンニャット国際空港を利用の際には、ぜひオーキッドラウンジへ!