成田空港第一ターミナルのプライオリティパス対応ラウンジまとめ

本記事では、成田空港「第一ターミナル」でプライオリティパスに対応しているラウンジをまとめています

Sponsored Link


成田空港第一ターミナルのプライオリティパス対応ラウンジまとめ


2019年現在、成田空港第一ターミナルにあるプライオリティパス対応のラウンジは3つです。

表にまとめてみました。
                                                            
名前
IASSラウンジ
T.E.Iラウンジ
KALラウンジ
場所
出発前エリア(保安検査前)
出発エリア
営業時間
7:00~21:00
7:00~21:00
7:35~20:30
おすすめ用途・静かに休む
・PCやスマホの充電
・PC作業
IASSラウンジが満員の際の退避先・くつろぐ
・喋る
・飲食(酒有り)

プライオリティパスとは?

簡単に説明すると「提携している空港のVIPラウンジが使える会員カード」です。
普通に手に入れようとすると年429USD(約45000円)程かかるので、私は楽天プレミアムカードに無料付帯しているものを使っています。

静かに休む・作業するなら「IASSラウンジ」がおすすめ

NRT_IASS アルコールは入場時にもらえる一杯(缶)のみで食べ物もほぼないため「飲食の場」としては向きませんが、静かにひとやすみしたい時にはおすすめのラウンジ。

保安検査前にあるため、空港に早く着きすぎてしまったという時でも時間を有効活用できますね。

また、電源やWi-Fiもしっかり提供されているのでPC作業したい、スマホ等のデバイスを充電したい時にも最適な場所です。
>> 成田空港「IASSラウンジ」がPC作業に快適
出発エリアのKALラウンジはアルコールが充実している分にぎやかだったりするので、静かに過ごしたい場合はあえてこちらを選んでも良いかと。

ただし「保安検査で詰まって搭乗時間に間に合わなかった」と言う事態にならないよう、ある程度余裕を持って保安検査に向かうことをおすすめします。

IASSラウンジが満員の際の退避先「T.E.Iラウンジ」

同じく保安検査前にあるため、IASSラウンジと同様の使い方ができそうですが、ネットでの口コミや写真を見る限り「IASSラウンジの下位互換」といった印象。

如何せんIASSラウンジの使い勝手が良すぎるので、私自身はまだ行ったことがありません…
もしIASSの方が満員だったら試してみようかなと思います。

出発エリア唯一の「KALラウンジ」はくつろぎ目的での利用が◎

P_20190627_133527 KALラウンジは大韓航空のラウンジで、成田空港の国際線出発エリアにある唯一のプライオリティパス対応ラウンジです。

NRT_KAL_4
NRT_KAL_5
NRT_KAL_6

フード・ドリンクはそこそこ充実しており、敷地内にお手洗いあり。

フライト情報も確認できるモニターも複数箇所に設置されています。

NRT_KAL_3 Wi-Fiは入場時にパスワードが書いた紙をもらえるので問題ありませんが、電源は写真のように「壁から引っ張る」形になります。

混雑時は取り合いになってしまうかもしれませんので、電子機器の充電をしたい場合はIASSラウンジの方で済ませておきましょう。

堅苦しい作業をするには向かない場所なので、このラウンジでは「思い切りくつろぐ」が吉ですね。

小腹が空いた時に便利

NRT_KAL_11 個人的には「ちょっと小腹が空いたけど、機内食も楽しみだからガッツリは食べたくない…」といった時に、軽く食べる場所として最適だと思っています。

噂には聞いていましたが、海外のプライオリティパス対応ラウンジと比べてしまうと全体的に物足りない印象は確かにありました…

ただし、上手く活用できれば「ゲート付近のベンチで待つより遥かに快適に過ごせる」と思ったのも事実。

プライオリティパスを持っているのであれば、に合わせて足を運んでみる価値は十分あるかと。