【スマホ選び】Android端末とiPhoneの違いまとめ(強みと弱み)

ガジェット

Android端末、iPhoneどちらを選ぶべきかを検討している方、加えて

「値段が高くても人気のiPhoneの方が、Androidよりも優れているのかな…?」

こう言った漠然とした疑問をお持ちの方へ。

本記事では、Android端末とiOS端末(iPhone)の違いを両方使っている私の視点で解説しましたので、ぜひスマホ選びの参考にしていただければと。

Sponsored Link


【スマホ選び】Android端末とiPhoneの違いまとめ(強みと弱み)

先に結論を言ってしまうと「片方が絶対的に優れている」ということではなく、ただ違うだけですね。

それぞれに強み(できること)と弱み(できないこと)があります。

と言うわけで、スマホ購入の際の定番検討事項(機能)を中心に表にしてみました。

iOS端末 Andorid端末
OS
iOS
Andorid OS
端末
iPhoneシリーズ
多数(Xperia、AQUOS、Galaxy、Zenfone等)
製造元
OS、端末共にApple
ベースOSはGoogle
OSのカスタマイズと端末は各メーカー(Sony、Sharp、Asus等)
音声アシスタンス
Siri
Google Assistant
対応ケーブル規格
Lightning
micro USB Type-B or USB Type-C
イヤフォンジャック
iPhone7以降無し
搭載機種あり
価格帯
中〜高
低〜高
動作性能の幅
中〜高
低〜激高
対応アプリの数
iOS対応アプリ < AndoridOS対応アプリ
バッテリー容量の幅
中〜多
少〜多
急速充電
対応機種あり
対応機種あり
ワイヤレス充電
対応機種あり
対応機種あり
指紋認証
対応機種あり
対応機種あり
顔認証
対応機種あり
対応機種あり
防水・防塵
対応機種あり
対応機種あり
お財布ケータイ(Felica)
対応機種あり
対応機種あり
デュアルSIM通信
非対応*
対応機種あり
microSD対応
非対応
対応機種あり
AR
対応機種あり
対応機種あり
iTunes系サービス
利用可
利用不可
Google系サービスの利用
利用可
利用可
PCとの連携
WindowsOS、MacOS共に連携可能
スマートウォッチとの連携 Watch OS(Apple): 可 Watch OS(Apple): 不可
Wear OS by Google: 可 Wear OS by Google: 可

* 厳密に言えば中国で購入可能ですが、日本での利用を想定した場合のリスクを考慮するとおすすめできません


もちろん全ての機能は網羅できていないかと思いますが、全体的に選択の幅が広いのがAndorid端末、選択肢が狭い代わりに他のApple製品、それらに特化したアプリケーションを利用できるのがiPhoneシリーズという感じですね。

Android端末とiPhoneの違いから見えてくる強みと弱み

双方、強みも弱みも共に「選択肢の幅」に潜んでいる傾向にあります。

iPhoneシリーズにおける「選択肢の狭さ」

iPhoneシリーズは、ラインナップが限られるので、端末の選びはAndroid端末に比べるてとにかく楽。
全ての端末が時代に対して「平均以上のパフォーマンス」を誇っているので、とりあえずiPhoneという買い方をしても失敗が少ない点はiPhoneシリーズの強みです。

デザインは似通っているものの、豊富なアクセサリーで個性を出せるのもiPhoneの良さ。

また、安定した需要があるので売却(下取り)の値段はAndoridと比べると高めです。
ただし初期コストも性能に対してはやや割高となります。

一方、microSDやデュアルSIM通信等、技術的にはできるはずなのに搭載する気配が一向にない機能も存在するので、それらがほしい場合だとiPhone全てが選択肢から外れることになります…

Android端末における「選択肢の広さ」

ユーザの細かいニーズを満たす、尖った機能を要求できるできるのは、選択肢の幅が広いAndroid端末ならではの強み。
市場的に複数のメーカーが競い合っている形になるので個性の光る端末が多く、性能に対しての購入単価はiPhoneシリーズと比べるとリーズナブルなものが数多く存在します。

一方、選択肢が多ゆえ端末選びの際に「比較の手間」が必要になるのはややネック。
検討する「端末の特徴」や「自分がスマホに何を求めるのか?」がある程度明確になっていないと迷宮をさまようことになりかねません…

ただ、多少の手間はかかるものの「自分の用途に合った性能・機能を持つ端末」に巡り会える可能性が高いのは選択肢のあるAndorid端末ならではですね。

Android端末とiPhone、どちらを選ぶべきか?

sp_diff 結論、好きな方を選べば良いと思っています。
スペックでも、ブランド力でも、個性でも良いです。

所詮はスマホ。触っていればすぐ慣れます。
特に日本で正規品として出回っている端末であれば、購入直後から実用に耐えないような外れ品はほぼ無いです。

参考までに、私の選んだ基準を共有しておくと
前メイン端末「iPhoneSE」:形(サイズ感)が好き
現メイン端末「Zenfone6」:面白さ(可動式の前後兼用カメラ)
と言った感じです笑

もちろん、機能面や性能等、最低限自分のニーズを満たしている前提ですが、最後はOS関係なく好みで選んでまして。

好みで選んだからこそ、現在全く後悔しておりません。

両方使うのもあり

fix 私はそうしてます。

正確にはAndorid端末であるZenfoneをメインで使いつつ、iPhoneSEも持ち歩いている感じ。
機能的な「双方の良いとこ取り」ができます笑


多くの現代人にとってスマホは「毎日かつ頻繁に触れるモノ」なので、生活家電の中では人生の質(QOL)に与える影響も高め。

iPhone、Andorid端末どちらを選ぶにせよ、あまりにもコスパを追求して「安物買いの銭失い」にならないよう気をつけたいところですね。

人気記事ASUS Zenfone6(ZS630KL)関連情報まとめ