名作トラックボールM570tで替え玉してみた(艶消しタイプ赤)

ガジェット

ロジクールのトラックボールマウスM570tにおける替え玉(トラックボール交換)を行なった際のお話です。

本記事では、社外品「ペリックス製のM570t用トラックボール非光沢赤」をレビュー。

加えて、あえて替え玉する意義があるのかどうか?を7年来のM570シリーズユーザが考察しました。

M570tでのボール交換、特に非光沢ボールを検討している方の参考になれば幸いです。

Sponsored Link


名作トラックボールM570tで替え玉してみた

トラックボールM570tにおけるボール交換の選択肢

現在、M570シリーズ向けのトラックボールはロジクールとは別のメーカー「ペリックス」より発売されています。

選択肢は「非光沢(マット仕上げ)タイプの赤」と「光沢タイプの赤と緑」




Amazonのレビューを見ると、エレコムのトラックボールマウスユーザーからも支持を集めているようで…笑
品質的には確かな商品のようですね。

今回は純正品と異なる非光沢ボールでの操作感が気になったので「マット仕上げ赤」を購入しました!

ペリックス製M570対応トラックボール(つや消しマット仕上げ赤)レビュー

届いたので開封してみる

箱に収まるM570対応トラックボール(マット仕上げ)
箱に収まるM570対応マット仕上げトラックボールを開封

しっかりと箱に収まっていました。

緩衝材も入っており、衝撃対策はそれなりに施されているようですね。

見た目(純正ボールと比べて)

ペリックス製M570対応トラックボールマット仕上げ赤
ペリックス製の艶消し赤
M570t純正トラックボール
M570t純正ボール

初見で受けた印象は「最後の磨きをあえてしていないor磨いた上に滑りにくい加工をしてるのかな?」でした。

M570t純正の艶あり青ボールと比べると、光の反射や周囲の風景の写り込みが抑えられています。

艶消し・マット仕上げと謳うだけありますな。

M570t本体にはめ込んで操作してみた感想

M570tに装着したペリックスのトラックボールと外した純正ボール メタリックグレーのボディに真紅のボール。

これぞ「元祖トラックボール」といった感じで、見た目の相性はバッチリです。

M570tに装着したペリックスのトラックボール(マット仕上げ赤) 操作感は

純正のボールと比べると「滑り」が明らかに抑えられており、その分コントロールし易い

といった印象。

マウスポイントがカチッと決まる感じが、個人的には気持ち良いです。

私自身、こちらのボールを現在進行形で使っているのですが、マウスポインタ(カーソル)の飛びは純正品同様ありません。

ペリックス製の非光沢トラックボールは買いなのか?

M570t純正とペリックス製のトラックボールの見た目比較メインボールとして使える機能性は十分持っていると感じますので、純正青球の滑りに不満があるなら是非試していただきたいところ。

また「とりあえず試してみて、気に入れば純正品からの乗り換える」と言う選択肢も。

ペリックスのトラックボールと純正品を装着した2台のM570t私は予備機にはめ込んで2台持ちしつつ、気分で使い分けています。

値段的にも1000円以下(純正品は現在2000円超え)なので、予備ボールとして持っておくのもアリかと。


本記事に登場したM570シリーズ専用ケースはこちら↓


関連記事MacOSでトラックボールM570tのボタン設定をカスタマイズする方法
関連記事Android(Zenfone6)にBluetoothキーボードとマウスを繋げてみた