購入したZenfone6(ZS630KL)用のケースを比較レビューしてみる

ガジェット

本記事では、Zenfone6(ZS630KL)オーナーの私が実際に購入し、試したZenfone6対応ケースのレビューをしています。

Sponsored Link


購入したZenfone6(ZS630KL)用のケースを比較レビューしてみる

【NUPO】Zenfone6用炭素繊維ケース(TPU製)

Zenfone6に装着した炭素繊維ケース

ケースのおすすめポイント

1. ケースデザイン「炭素繊維(カーボン)× ヘアライン加工」
2. 端末の弱点をしっかりとカバーする設計
3. 手頃な商品価格(1000円以下)
4. 初期不良にしっかり対応
それぞれ、詳しく解説していきます。

1. ケースデザイン「炭素繊維(カーボン)× ヘアライン加工」

Zenfone6対応のおすすめケース細部
Zenfone6対応のおすすめケース細部

上下部分にカーボン調、メインはヘアライン加工でマットな質感。

表面には「耐指紋性撥油コーティング」なるものが施されているようです。

Zenfone6対応のおすすめケースを曲げてみた 一見ハードケースにも見えるのですが、TPU(ウレタン樹脂)素材なので、この通り柔軟性あり。

着脱も楽々で、端末を傷つける心配もありません。

2. 端末の弱点をしっかりとカバーする設計

Zenfone6に装着した炭素繊維ケースのサイド部分

ケース右サイド(ボタン配置)部分

Zenfone6に装着した炭素繊維ケースの下部分

ケース下部分

背面のガラスを指紋付着防止素材で覆い、サイドには滑り落ち防止加工。

Zenfone6対応のおすすめケースの装着後写真

フリップカメラ部分

Zenfone6対応のおすすめケースをつけたままフリップカメラを動かしてみる

動作時も干渉なし

本体からやや出っ張っていたフリップカメラのレンズを守る設計になっているのも嬉しいポイント。

3. 手頃な商品価格(1000円以下)

Zenfone6対応炭素繊維ケースの商品画面スクショ これだけのクオリティを持ちながら、私が購入したタイミングではAmazonで1000円以下で手に入りました。

4. 初期不良にしっかり対応

Amazonの商品ページに商品到着後に不具合があった場合、出品者に連絡すれば「無条件に交換または全額返金」に応じてくれるとの記載あり。

この手のノーブランド品、しかも1000円以下でこのサービスは素晴らしいですね。

【イマイチなポイント】単色展開

商品自体の問題ではないのですが、トワイライトシルバー向けのラインナップ(カラー)は現在のところありません。
設計、質感が良いだけに「ヘアラインシルバー」とか出したら売れそうなものですが…

というわけで、今のところミッドナイトブラックの端末で使う分には特に問題ない感じです。

【ANNNGROUP】衝撃吸収TPU+PC二重構造ケース(Zenfone6用)

Zenfone6対応の2重構造ケース

ケースのおすすめポイント

1. ソフト+ハードの異なる素材による二重構造
2. ケース自体にスタンド機能を搭載(折りたたみ式)
3. 豊富な8種のカラーバリエーション
4. タッチペン機能付きボールペン付属
それぞれ、詳しく解説していきます。

1. ソフト+ハードの二重構造

Zenfone6対応二重構造ケースを分離させた様子
この通り分離できます。
Zenfone6対応二重構造ケースのTPU素材部分
端末と接するのはこちらTPU素材の方

このケースはTPU(ウレタン樹脂)とPC(プラスチック)の二重構造となっています。

TPU素材の方は炭素繊維ケースと同様柔らかく、衝撃をしっかりと吸収してくれそうです。
装着時に端末を傷つける心配も要りませんね。

Zenfone6に装着した2重構造ケースの下部分
Zenfone6に装着した2重構造ケースのサイド部分

イヤフォンジャックやスピーカー部分はしっかり抜かれおり、充電やイヤフォン利用時も全く問題なし。

ボタンのある側面は保護されつつも、配置がわかりやすいデザインになっていますな。

Zenfone6に装着した2重構造ケース
Zenfone6に装着した2重構造ケースフリップカメラ切り抜き部分

フリップカメラの存在もしっかり考慮されたデザインになっています。

こうして装着後の姿を見るとTPU素材の方のカラーが主張しすぎず、差し色として上手く調和している気がします。

2. ケース自体にスタンド機能を搭載(折りたたみ式)

Zenfone6に装着した2重構造ケースのスタンド部分角度は固定ですが、ケース(PC素材のパーツ)にスタンドとして機能する折りたたみ式のギミックが仕込まれています。

よくあるバンカーリングと比べると違和感なくケースのデザインに馴染んでいるのがポイント。

3. 豊富な8種のカラーバリエーション

Zenfone6対応二重構造ケースの商品画面スクショ 私は今回赤色(レッド)を購入しましたが、同デザインで8種類のカラーバリエーションが存在します。

好みのカラーが選べるのは嬉しいですね。

ちなみに、選べるのはTPU(樹脂)素材の部分で、PC(ハード)素材の部分は共通の黒色です。

4. タッチペン機能付きボールペン付属

Zenfone6対応二重構造ケースのパッケージ このケース、商品説明欄に「タッチペン付き」とありますが、しっかり付属してました。

動作も問題なし、単なるタッチペンかと思いきや、ボールペンとしての機能も持っていました…
太っ腹なおまけですな笑

【イマイチなポイント】ゴツい

Zenfone6対応二重構造ケースと炭素繊維ケースの厚さ比較二重構造と背面スタンドの存在を考慮すれば致し方ない部分でしょうか…
この通り、先の炭素繊維ケースと比べても厚みがあります。

著しく使い辛いかと言えばそうでもないので、この辺りは”好み”の領域かと。
見方を変えれば「高い防御力」の裏返しでもあるわけですね。

【SweetLeaff】汎用防水ケース(iPhone8 plus用)

防水カバーとストラップを装着したZenfone6 こちら、常用ではなく悪天候対策、ハード過ぎないアウトドア時に「一時的に装着するケース」として持っておいて損はないかと。


iPhone8 plus用の防水ケースなのですが、サイズがほぼ一緒のZenfone6でも使えます。

実際に装着して水に沈めたり、流水に晒したりしたので完全防水であることは確認しています。

ただし、水中での利用はおすすめしません。理由は↓の記事で解説しています。

Zenfone6で使えそうな防水ケースを見つけたので試した【合格】

2019.09.13
人気記事【ASUS】Zenfone6(ZS630KL)対応のおすすめケース・カバーまとめ
人気記事Zenfone6ライフが楽しくなるおすすめアクセサリーまとめ